大人の出会い系で知り合った20代大学生のセフレ

先日、21歳の女子学生と出会い系サイトで知り合い、エッチをしました。
彼女は、大学に入ってから、出会い系サイトで何度も男性と知り合いエッチをしてきたようで、とても慣れている感があり、アプローチしてきたのは、彼女からでした。
それも、いきなり、『写真を見て、タイプなの。今日、時間ありますか?』でしたから。
もちろん、私は、OKでしたし、ちょうど、今日、代休で休みでしたので、会うことにしました。
待ち合わせ場所に居た彼女は、清楚な感じでしたが、話してみると、とてもエッチな方で、『今日、生理前だから、とてもしたいの。いい?』と言ってきたのです。
もちろん、私は、『いいよ。』と答え、ラブホテルに行きました。
部屋に入ると、彼女は、慣れた手つきで、私の服を脱がし、全裸にすると、即フェラをしてくれました。
彼女の口の中で、彼女の舌が私のお○んぽに絡んでくる感触がたまらなく気持ちがよく、このまま出してしまいそうになりましたが、それを察知した彼女が、『ダメよ。出したら。』と言って、フェラを一旦中止すると、彼女は、服を脱ぎ、全裸になると、一緒にシャワーを浴びることにしました。
ビンビン状態の私のお○んぽに触りながら『普段は、小さいのに、どうしてこんなに大きくなるのかな。』とか『私の体を見て、こんなになってくれて嬉しい。』とかエッチなことを話してくれる彼女。
シャワーを浴びて、ベッドに行くと、彼女は、いきなり四つん這いになり、私のお○んぽをまた舐め始めたので、彼女の体の向きを変えて、シックスナインをしました。
彼女のピンク色のお○んこには、彼女の白い愛液が出ていたので、それを吸うように舐めると私のお○んぽを握りながら『あああああ、いいいい。』と声を上げたのです。
そして、クリトリスも触ると、『クリ、もっと触って、クリ、キモチイイイから!』と叫ぶように言ったので、クリを触りまくっていると、『ああああ、いっちゃいそう。いく。いく〜。』と彼女は、いってしまったのです。
その後、我慢できなくなった私は、騎乗位で、入れることに。
彼女の腰が下りて、私のお○んぽが全て入った時、『あ〜。入った〜。たまんない。』と彼女が言った後、彼女は、自ら足をM字型にして、気持ちいいところに腰を動かして『あああ、ここ、キモチイイの。あああ!』と感じまくるのです。
その時の彼女の顔は、とても、エロくてたまりませんでした。
そして、バックでも、彼女は、『もっと突いて〜。』と言ったので、私が、ガンガンに突いていると『あああああ、もう、ダメ〜。また、いっちゃうよ〜。ああああ!』とまた、いってしまったのです。

その直後、私も出そうになったので、正常位にして、彼女の喘ぐ顔を見ながら彼女の顔にザーメンをかけたのです。
清楚な顔にザーメンをかけられた彼女は、とても恍惚した表情で、私のザーメンを舐めていました。
それから、彼女とは、セフレの関係になっています。
【セフレ作るエリア:東京都荒川区/葛飾区近く|20代|男性|飲食店店員】