【その3】大人の出会いの証拠を残さない方法 応用編

まったく同じ携帯電話を用意するというお話を前回させていただきましたが、この方法は、他のケースにも応用する事が出来ます。たとえば、あなたが単身赴任している場合、不倫相手を部屋に呼び、時間を過ごすと、そこに何かしらの変化が生まれます。女性はこういった変化を敏感に察知する生き物で、男性が気づかないところまで気づいてしまいます。

 

どれだけ注意していても、このギャップを埋める事は出来ないので、はじめから家に呼ばないという選択肢をとる人がほとんどです。突然一人暮らししている家に、奥さんが掃除でもしにきてくれたら、その時点で絶対にばれますから、気を付けましょう。

 

しかし、単身赴任者の場合は、おこずかいも少なく、ホテルに行けないという人も少なくないと思います。では、どうすればまったくばれずに証拠を残さないかですが、完全には無理でも、限りなく可能性を減らす事は出来ます。

 

それは、まったく同じものを2つ用意する事です。これは携帯電話の応用編です。たとえば、歯ブラシを2本同じものを用意します。不倫相手にその歯ブラシを使わせれば、別に2本あっても疑われません。

 

この方法なら、ホテル代もかかりませんし、お得です。出会い系サイトでは不倫相手を探している人はたくさんいますから、出会いはほぼ無数にあると言ってもいいと思います。県外の相手などは狙い目です。