私は自分ではコスプレはしないのですが、コスプレした人を見るのが好きなので、コスプレが好きな人が集まるコスプレサイトを良く見ていました。

 

このサイトで私はコスプレ好きの人に混じって、チャットでお話をしたりしていたのです。

 

そしてある日このサイト主催のイベントが、開かれる事になりました。

 

イベントに参加すれば色々なコスプレが見られると思い、私はこのイベントに参加する事にしたのです。

 

参加したイベントには多くの男女が集まり、異様な雰囲気が漂っていました。

 

その中で私は、一人の女性に目が留まったのです。

 

女性はやたらとエロいコスプレをしており、どうしても目が留まってしまいました。

 

私は彼女のコスプレ姿を褒め乍ら、写真を撮らせてもらいました。

 

それで彼女は気分が良くなったのか、私に連絡先を教えてくれたのです。

 

私はそれから度々彼女に連絡をして、会うようになりました。

 

そして彼女の家にまで、行けるようになったのです。

 

彼女の家にはコスプレ衣装がたくさんあり、あたかもコスプレショップの様でした。

 

その中には男性物もあり、彼女がそれを私に着て欲しいと言って来たのです。

 

私は良い機会だと思い、彼女に指示されたコスプレ衣装を着てみたのです。

 

そしたら何だか別人のようになった気がして、気が大きくなってしまいました。

 

気が大きくなった私は、急に彼女の体が欲しくなってしまい、彼女を襲ってしまったのです。

 

しかし彼女は抵抗する事無く、私を受け入れてくれました。

 

それで更に気が大きくなった私は、彼女と最後まで致してしまったのです。

 

彼女とはこうしてセフレ関係となり、コスプレしてセックスをする仲となりました。

 

コスプレをしてのセックスは味わい深いモノがあり、私はセフレとのセックスにハマる様になりました。

 

コスプレセックスは中毒性があり、最早私にとってセフレは欠かせない存在となっています。
「岡山県:20代:男性:会社員」

関連ページ

出会い系サイトにはセフレと呼べるエロいお姉さんがいた!
年上の女性が好きなのでセフレが欲しくて出会い系サイトを毎日チェックしています。もちろんエッチをしたくて構ってくれるお姉さんを見つけるためです。サイトの掲示板で悩みを書いている年上の人を見つけては返信を繰り返して落とせるかどうかを見定めています。
性的不満で再びメガネ姿のセフレを作りました
セフレの関係を続けてきた女性から、関係の解消を申しだされました。どうやら、本気で付き合いたいと思える男性が出来たらしく、セフレの関係を続けるわけにはいかないと考えたようです。
チャットレディをしていたら大人の男性とセフレの関係になった
割の良い仕事を探していたところ、チャットレディというものを知った。サイトに登録して、ただ男の人とおしゃべりするだけで、コンビニの夜勤よりも稼げちゃう。
おじさんでも会える!
俺のように50代を迎えたおっさんが、セフレを欲していたら、普通は冗談で言っているか、無理無理と端から相手にされないだろう。事実俺もそのように思っていたが、それでもこの歳でもチンポはギンギンに勃起し、いつも女の身体を求めていた。